母へのプレゼントに塩枕を送りました

まくら毎年、母の日には美容グッズや健康グッズを送るのですが、今年の母の日は塩枕をプレゼントしました。以前から私も母も肩や首のこりがひどく、頻繁に頭痛を起こすので、2,3年前から店頭で塩枕を見てから気になっていたのですが、ネットでいろいろ調べるなどして今回、ようやくそれを購入するに至りました。

母はここ数年不眠にも悩まされており、塩枕は安眠効果もあるという情報もあったので、効果のほどはわかりませんが、私の分とお揃いで買うことにしました。よくある雑貨屋さんに並んでいるものを購入する予定でしたが、東急ハンズにも置いてあると聞き、他の雑貨屋さんで売っているものより500円ほど高かったのですが、一回り大きかったためこちらにしてよかったです。

プレゼントして数日してから母から連絡があり、「すっと寝れたわ」と、とてもうれしそうにしていました。実際私も使用してみて、朝起きると、首や肩の周りがいつもより楽な気がします。だんだん蒸し暑くなってきたこの時期、塩のひんやりとした感触が気持ちよく、普通の枕のようなふわっとした頭が沈み込む感じはないのですが、意外とその硬さが快適でした。

そして、母から「お父さんも欲しいって言うてるわ」とリクエストが。父の日のプレゼントも悩むことなくこれに決めることができました。首周りがガッチガチな夫にも、ついでにプレゼントしようかな、と考えています。

父の日の由来がきっかけで

赤いバラの花父の日の花は外国の方では花の種類も特定されており、生きている父親には赤いバラで、もうなくなってしまった父親には白いバラを贈る習慣があるそうです。主人が仕事中に聞いていたラジオで聞いたらしいのですが、それで去年は父の日にバラの花を贈りました。

駅前の商店街へ行き何軒か花屋さんを見て回った末、やっと1鉢200円の赤いミニバラを見つけそれを購入し実家に持っていきました。ただ、バラは少し手を加えただけで増やすことができてしまうので、庭が窮屈になるかもしれないことを伝えましたが、バラのためのスペースを新しく作っちゃうと言っていたので、結構うれしい贈り物だったようです。

父の日の由来というのが素敵で、母親を早くに亡くし残された父親によって育てられた子供が父の日を提唱したことがそもそもの由来らしく、昔から母の日はあったようですが、男手のみで育ったその子供たちは父の日がないのはおかしいということで、新たに父の日を作ったそうです。

自分の都合で早めに花屋にばらを買いに行ってしまったせいで、少し価格が安いものになってしまいましたが、大事に世話をすれば増えるし、バラのシーズンになれば目でも楽しめるしで、本当にお得な贈り物だったと思います。今年はどうしようか悩み中です。

無印良品のグッズで大変、喜ばれました。

かわいい靴下母の日。結婚して10年。あげるプレゼントも尽きて来ました。でも毎年来る母の日。去年、母と義母に何をあげようかブラブラとショッピングモールをみていたら、無印良品を発見。これいいかもと、靴下(3足、1000円でした。)と、料理器具(調理シリコンスプーンと、ピーラーにしました。二つで、確か1600円くらいです。)を、購入しました。

すると反応がとても良かったです。使わないものを頂いても困るけど、必ず必要なものだから、双方から、ありがたいと言われました。まず、靴下は消耗品。すぐに穴も空くし、あればあるだけ、助かるのだとか。確かにそうかもしれません。調理器具は、私が実際使って良かったものをプレゼントしてみました。ピーラーもいつの間にか、切れ味が悪くなったりするものなので、以外に喜ばれました。

でもTVで観ましたが、街頭アンケートで本当に母の日に欲しいものは、『現金』だそうで。笑。商品券とかでも良かったかな?と思ったので、今年はそうするか、また何か実用品を選ぶか迷っているところです。無印良品は、老若男女、実用的な商品が揃っているので、また何かの贈り物に利用したいと思いました。どこの無印良品でも、いつも楽しいお買い物が出来ているので、お勧めしたいと思っています。

喜んでもらえた出産祝いのプレゼント

木製のオモチャ友人が結婚し、初めてのお子さんが産まれた際に、名入れの可愛いバスタオルと木のおもちゃをプレゼントしました。友人がカラフルで可愛いものが好きだったので、色とりどりの動物が描かれたバスタオル兼ブランケットに刺繍で名前を入れてプレゼントしました。

名入れの料金も500円程だったので、名前が決まってから注文を出しましたが、3日ほどで届きました。洋服やスタイは、みんながくれると思うし、人それぞれ好みがあるかと思います。ですがタオルだったら使い捨ててもいいですし、赤ちゃんのいる家庭ならば何枚あっても使い道はたくさんあるので困らないかと思いプレゼントに選びました。

友人からの言葉では、ベビーカーに乗る際に足元にかけたり、お出かけの時のオムツ交換用のタオルにしたり、水遊び用のタオルとして持って行ったりとかなり大きくなるまで使ってくれていたそうです。

また手作りの日本製の木のおもちゃも一緒につけました。木のぬくもりを感じる音の鳴るカラフルなおもちゃだったので、よく遊んでくれていたようです。日本製ということで安心感があり、口に入れても大丈夫ということで友人も安心して与えられたと言っていました。赤ちゃんに持たせるものはやはり安全であったり、安心感のあるものをプレゼントする側も選んだほうがいいなと思います。

母の日のプレゼントに喜ばれたもの。

綺麗な色の口紅結婚した頃、母の日のプレゼントは定番のカーネーションに百貨店で買ったバッグや時計をプレゼントしていました。しかし、子どもが産まれてからは、なかなか子連れでゆっくり商品を見る余裕がなくなり、近所の雑貨屋で買った小物をあげていました。5年ほど、いいなと思う雑貨屋さんを見つけたらチェックしておいて、母の日の前に買いに行っていましたが、そのうち雑貨も飽きてきてしまいました。

そこで、いつもはあまり食べない食材を使って手料理を作り、みんなでわいわいと晩御飯を一緒に食べ、ゆっくりした時間をもつようになってきました。物のプレゼントでなくても、子どもや孫とゆっくり楽しい時間を持てることは、嬉しかったようです。

子どもがだんだん成長してくると、学校やお稽古の用事で夕食の時間が合わなくなり、昨年は、母に直接リクエストを聞いてみました。母のお友達が使っていて、欲しいなと思っていたのは口紅で、何本か買ってプレゼントしました。メーカーや種類、色は聞いていたので、すぐに選ぶことができました。年をとると、若い頃と違って目新しい小物を持ち歩くことが少なくなり、自分が欲しいなと思っていたもの、日常使うものをプレゼントしてもらって嬉しかったそうです。

出産祝いに熊野筆のメイクブラシを。

ブラシを使ってメイクする女性友人の出産祝いに、メイクブラシをプレゼントしました。独身時代から、かわいくてオシャレな彼女でしたから「かわいいママになってね」とメッセージを込めたつもりです。もちろん、赤ちゃんへ紙おむつのケースも持って行きました。わずかながら御祝儀も置いてきましたが、「新米ママへプレゼント」と別に用意したことで、喜んでもらえたようです。

メイクブラシは、何本あっても邪魔にはならないだろうと判断しました。しかし、粗悪なものは使えませんから、間違いないであろう「熊野筆」を選びました。熊野筆は、広島県の筆の産地・熊野地方で作られているもので、近年では女性用のメイクブラシが人気です。ブランド力も高く、製品も良いものですから、プレゼントにぴったりです。

値段は手頃なものから高額なものまで幅広く取り揃っています。今回は、3000円未満で手に入る、見た目もピンク色で可愛いものにしました。気に入ってもらえるのが一番嬉しいですが、ブランド物なので転売もできるでしょうし、他の人にプレゼントもできます。一方的に押し付けるプレゼントは好きではないので、「あとは勝手にしてね」と言えるのも、良いと思いました。

蓋を開けてみるとそんな気遣いは不要で、その場で喜んで使ってくれました。そこで「実はこれ、私も同じの買ってお揃いなんだ」と伝えると、更に喜んでもらえました。そう、ついでに自分用にも一本購入していたのでした。妊娠出産をきっかけに、疎遠になってしまう友人もいますが「お揃いのブラシ」という目に見える繋がりが出来たのが嬉しく思いました。かわいいママになってね。

私が小学生の頃に送った置物についてです

部屋の飾り物私が小学生の頃に送った置物です。母の誕生日に送ったのですが、まだ小学生で全然おこずかいが少ないこともあり、高額なものが買えませんでした。最初はお花を送ろうかと思ったのですが、高い割にすぐに枯れてしまって残らないし、少し考えて置物をプレゼントすることにしました。

おこずかいで買える置物は何より100円均一が一番良いと思いました。本当は他のお店にしようか悩んだのですが、100円均一に安くてかわいいものが多くあったのを見たことがあったので行ってみました。実際に手ごろな値段でかわいい物がいくつかあって、ある陶器の置物に目が留まりました。ちいさい置物だったのですがとてもかわいらしく飾ってもらえたらうれしいと思い購入しました。

100円均一は包装ができないので自分で包装紙を購入。この包装紙もそこで購入して自分で包装しました。そして手紙と一緒に母に渡しました。安くてもしかしたら喜んでもらえないかもと心配していましたが母はとても喜んでくれて本当に良かったです。大人になった今でもその小さい置物は自宅に飾ってくれています。今では大人になり高価なものもプレゼントができるようになりましたがあの頃のプレゼントはとても良い思い出です

出産祝いは一人一人に違うもの

赤ちゃんのイラスト最近私の周りでは出産ブームで、一人一人に違うものをあげています。喜んでもらえたなと実感でき、低価格だったものが「プールボール」です。楽天の通販で購入致しました。テント付きボール100個付きです。大きさはマンションでギリギリテント張って遊べる大きさだとの事です。口コミを見ました。一軒家のお家でお住みの方などにはとってもいいと思うし価格が低価格で出産祝いでのラッピングもついて3,000円でした。低価格で喜んでもらえてとても良かったです。

他に出産祝いで喜んでいただけたのがきちんとした名前が分からないのですが「お尻ふきを温めてくれる機械」です。冬など赤ちゃんのおしりを拭くときお尻拭きが冷たいと泣いてしまう赤ちゃんもいるとこのことで実用的でとてもいいんじゃないかなと西松屋で購入。これも低価格3,000円ぐらいで購入できました。後はおもちゃやスタイなどつけて送りました。欲しかったの!嬉しいありがとう!といって貰えると嬉しいです。

以前、母の日の時は「日焼け止め、パック、トリートメント」日頃節約している主婦の母はトリートメントの2,000円も買わないので実用的で低価格な美容品を3つあげました。日焼け止めはこれからの季節にも使えてとても喜んでもらえました。

恋人(男性)へのおススメプレゼント

チーズケーキお付き合いしている男性におススメの誕生日プレゼントは、やはり手作りのケーキが良いかと思います。私の彼は甘いものは苦手なのですが唯一食べられるのがチーズケーキで、誕生日前日の夜、徹夜して…は言い過ぎですが、深夜までは掛けて頑張って作りました。少し甘くなってしまいましたがとても喜んで食べてくれました。涙目でしたけど(笑)

日を改めて今度はご飯を振舞いました。わたしも彼も忙しくなかなかゆっくり会えないので、誕生日は過ぎてしましましたが…。本当はご飯を食べて食後にケーキが理想なのですが、今年もかなわず来年こそは、と今から計画中です。ご飯はハンバーグを作ったのですが、これもまた大変喜んで貰えました。男性はやはり好きな女性の手作り料理はとても嬉しいようです。

貧乏くさいかもしれませんが、どんなに高いブランド物よりも心がこもっているとわたしは思います。プレゼントは値段では無いと思います。相手のことを想って、作ったり、選んだりする時間もまたプレゼントに含まれるのです。わたしは料理が大得意!という訳ではありません。

でも、相手の喜ぶ顔が見たい!その一心でいつも作っています。「ありがとう」と言われるとわたしも嬉しいですし、とても幸せな気持ちになります。結婚していたら毎日作るでしょうが、まだお付き合いという段階の方々におススメです。

今まで友達や母に送って安い商品で喜ばれたもの

グレーの靴下私は母の日や友達の誕生日にはだいたい靴下を送ります。今だいたいどんな靴下屋でも3足1080円で可愛い靴下が売られています。季節に応じてバリエーションが豊富でデザインも生地も良い商品が多いので重宝しています。ラッピングもどんな靴下屋でも可愛くしてくれるし箱代がかかる場合もありますがとても高級感のあるプレゼントにしてくれるところもあります。

靴下を3足選ぶ場合結構たくさんの数の靴下から選べます。いろんな種類の靴下があるのでプレゼントがだぶることはめったにありません。年齢層も幅広く20代の友達から70代の母親まで種類は豊富です。サイズも22.5~24センチまで対応の靴下なので、洋服みたいにサイズを選ばないところがいいところです。

そして靴下に飽きた場合ブランド物のタオルハンカチを送ります。女の人と男の人とブランドが分かれているから選びやすいし実用性もあるので重宝されます。ブランドもいろいろあるので幅広い年齢層に喜ばれます。私が実際にブランド物のタオルハンカチをいただいたら嬉しいです。

実際に友達や主人にタオルハンカチをあげたら喜ばれました。主人はラルフローレンが好きなので柄の違うラルフローレンのタオルハンカチを送ったり靴下を送ったりします。安くて喜ばれるプレゼントです。